13682401_987111014720165_1341276437_o

(English Below)

 先週、釜石商工で初となる高校生向けキャリア支援プログラム「釜石コンパス」を実施しました。商工の2年生約100名に、地域で活躍する多業種の大人が自身の仕事や人生観を本気でぶつける10講座を提供し、私は釜石ヒカリフーズの佐藤さんと「組織を引っ張る影響力/水産加工業の可能性」というテーマでファシリテーターを務めました。

 たまたまコンパスの前日に市内の高校生からインタビューや進路相談を受けていて、改めて感じるのは、“自分の人生”を歩むことは本当に難しい、それでも、自己決定を尊重した人生を歩んでいってほしいという願いです。高校生に対して、「やりたいことを見つけて、目標を持って、勉学に励んでほしい」と言うのは簡単です。けれども、私たち大人は一体どれだけそのことを実践できているのでしょうか。高校生との対話は自身との対話であり、心の底から信じていないメッセージが他者に刺さることはありません。

 多様な人材に選ばれ続ける地域であるために最も必要なものは、補助金ではなく、矜持をもって生きる人です。UBSグループ・RCF・釜石市が運営するこの釜石コンパスを、市民サポーターの皆さまと一緒に、高校生と地域の大人が自己決定による行動を紡ぎ出す起点となるようなプログラムにブラッシュアップしていきたいと思います。

UBSグループとの「オープンシティ」実現のための多様性ある持続可能なまちづくりの推進に向けた協働宣言(平成28年6月24日):
http://goo.gl/mWIUhy

 

 Last week, we hold “the Kamaishi Compass” which is carrier design program for high school students at Kamaishi Commercial & Technical High School for the first time. Our program provided 10 classes configured with various real stories of leaders in Kamaishi to 100 2nd grades, and I done the facilitator of “Leading Organizations and Future of Marine Product Processing Industry” Class with the president Sato-san (Kamaishi Hikari Foods Co, Ltd.).

 I hope our high school students in Kamaishi will go through their full lives by self-determination, even though it’s so difficult to make an “own” life. We can easily say “Find what you like, and Study hard with your goals”, but how many adults do really practice what they say? A dialog to student is dialog to myself, and a message moving others just comes from his/her faith.

 The most important thing which invites various talented people is not a subsidy but a faith in the city. We’d like to develop our programs (managed by UBS, RCF and Kamaishi City Hall) for further opportunities of making own lives with civil supporters. 

Joint Declaration Promoting the Creation of an "Open City" -Developing a Sustainable Local Community Committed to Diversity & Inclusion- (June 24, 2016):http://goo.gl/mWIUhy